たけしの家庭の医学|沖縄・宮古島南部の赤ひげ先生!泰川恵吾医師の年齢や経歴は?11/26

【たけしの家庭の医学|沖縄・宮古島南部の赤ひげ先生!泰川恵吾医師の年齢や経歴は?11/26】

11月26日放送の情報バラエティ番組「名医とつながる!たけしの家庭の医学」では、

・無医村だった沖縄・宮古島南部の名医

について、放送するようですね^^

そこで、今回は、「たけしの家庭の医学|沖縄・宮古島南部の赤ひげ先生!泰川恵吾医師の年齢や経歴は?11/26」について、見ていきたいと思います!

たけしの家庭の医学|沖縄・宮古島南部の赤ひげ先生!泰川恵吾医師とは?11/26

今回の舞台、沖縄・宮古島の南部では、医者が一人もいない、無医村があるらしく、その現状を変えるべく動いたのが、「泰川恵吾(やすかわけいご)」医師です。

泰川医師は、「令和の赤ひげ先生」と呼ばれているそうです。

それでは、泰川医師が、沖縄・宮古島南部で名医と呼ばれるきっかけについて、見ていきましょう。

たけしの家庭の医学|沖縄・宮古島南部の赤ひげ先生!泰川恵吾医師の年齢や経歴は?11/26

泰川恵吾医師の年齢は、詳細は不明ですが、44、45歳であることが、予想されます。

元々、救命救急センターで医師として、活動されていましたが、そこから一転、独自の在宅医療システムを開発し、泰川恵吾医師の生まれ故郷である沖縄・宮古島南部に「ドクターゴン診療所」を立ち上げました。

やはり、生まれ故郷であったというのは、充分な理由ですが、少子高齢化のモデルともいえる、宮古島だからこそ、そのシステムが生きると判断したのが、一番の要因みたいですね。

少子高齢化が進む中で、そういた現状が著しくある場所には、「医師不足」といった言葉もつぶやかれます。

そういった意味で、泰川医師独自の在宅医療システムというのは、非常に理にかなっていますよね。

裸足にサンダルで、かりゆしウェアが泰川医師のスタイルで、高齢者の家を一軒一軒周り、巻ジャンとの距離を縮めることを大事にしているようです^^

「たけしの家庭の医学|沖縄・宮古島南部の赤ひげ先生!泰川恵吾医師の年齢や経歴は?」のまとめ11/26

今回は、宮古島で活動している名医「泰川恵吾」医師について、見ていきましたが、医者がいなかった村で、現状と見つめあい、患者との距離を大事にするその姿は、まさに、地域に貢献した医師「赤ひげ先生」と呼ばれるのにも、納得がいきますよね!

今後の、泰川恵吾医師のより一層の活躍に期待です^^

 
スポンサーリンク