初耳学|宇都宮「紅茶の街」へと変化。Y’s tea roomの場所は?口コミは?8/25

初耳学|宇都宮「紅茶の街」へ。Y’s tea roomの場所は?口コミは?8/25

https://www.mbs.jp/mimi/

8月25日放送の「林先生の初耳学」

世の中のあまり知られていない情報を日本全国一億三千万人から募集しとぇ、祖おなかから厳選した、ネタを人気予備校講師・林先生に出題します。

今回番組では宇都宮が餃子の街から、紅茶の街に変化している、ということで、調査しkました。

宇都宮といえば、餃子などがまず、思い浮かぶと思い浮かぶと思います。

しかし、なぜ宇都宮は「餃子の街」から「紅茶の街」へと変わっていったのでしょうか?

その裏にある背景と共に、紹介していきます。

初耳学|宇都宮「紅茶の街」へ。Y’s tea roomの場所は?

宇都宮は、餃子の消費量が1,2位を争う場所、というのは、言うまでも無いことですが、実は、紅茶の街と変わっていったのは、宇都宮が紅茶の消費量「全国1位」という事実です。

いったい、何が、あったのでしょうか、、、?

もちろん、いきなり、紅茶が飲みたくなったから、と言うわけではありません。

ちゃんとした、理由があります。

それは、宇都宮に出来た、あるお店が、宇都宮を餃子の街から「紅茶の街」へと変えた、きっかけなんです。

そのお店が、宇都宮にある、紅茶専門店「Y’s tea room」という、お店になります。

高貴な店内に包まれながら、紅茶を嗜むことが出来ます。

このお店の紅茶は、日本紅茶協会の厳正な審査をとおり「おいしい紅茶の店」としての認定されています。

なんでも、この認定があるのは、帝国ホテルのラウンジなどの、一流店ばかりなんだとか。

http://www.y-tea.com/ ←Y’s tea room公式サイト

紅茶教室も行っているようです。

ぜひ、宇都宮に「紅茶を嗜み」にきてみてはいかがでしょうか?

紅茶専門店「Y’s tea room」口コミは?

 
スポンサーリンク